脇用ファンデが手放せなかった私がウソみたい・・・

「おねぇちゃんの脇、茶色くて面白いね」

 

8歳になるかわいい甥っ子たちと海に行ったときに言われた、悪意のない極めて殺傷能力のある言葉でした。

 

「で・・・でしょー」
と引きつった顔で返すのが精一杯でした。

 

甥っ子に見つかった私の汚い脇

 

それからというもの、必死に脇を見せないように振舞っていました。

 

それを聞いていた姉に
「アンタ、脇用のファンデーションでも使ったら?」といわれました。

 

え?脇用のファンデなんて初めて聞きましたが、どうやら私のように汚くなった脇の黒ずみを隠すようのウォータープルーフの水や汗に強いファンデがあるんですね。

 

このときは「さすが日本の美容業界だ〜」と感謝しましたが・・・
それ以来、私はその脇用ファンデを手放せない奴隷になってしまったのです。

 

夏場はちょっとでも脇が見えそうな服を着れば必ず塗り、かなり脇を隠すスキルも上達したものです(笑)

 

でもずっと使い続けていると、少しずつみじめな気持ちになってくるんです。

 

ファンデを塗りながら「あ〜、私の脇って汚いんだな〜」と、辛い現実を突きつけられている気分になってくるんです。

 

そんなとき、テレビで私の大好きな『VS嵐』を見ていたんです。
すると某会社のCMを目にしました。

 

そして翌日。
その某会社のチラシが新聞に入っていました。

 

・・・行ってみようかな。

 

寝るだけだったので、めっちゃ楽チン

お店に行って、スタッフさんに事情を説明。
スタッフさんも親身になって、色んなアドバイスをくれました。

 

そして2週間後、お店へ。
ベッドに寝ている私の脇を、スタッフさんが一生懸命にキレイにしてくれます。

 

そんな事を3回ぐらい続けたころでしょうか。

 

「最初に比べて、かなりキレイになってきましたよ」
とスタッフさんから飛び上がるほど嬉しい一言を頂きました。

 

あまりに嬉しくて、聞こえていたのに聞こえないふりしてもう一回聞いちゃったぐらいです(笑)

 

今はもう6回ほどキレイにしてもらったので、脇用ファンデは使っていません。

 

もう脇用ファンデは使っていません。

 

大事なことなので2回いいました(笑)

 

寝ているだけで、プロが私の脇の黒ずみをキレイにしてくれるんです。
しかも払ったお金は使っていたファンデよりも安い。

 

私みたいにファンデの奴隷になりたくないなら、確実にオススメですよ→これ。